検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Avoidance of q$$_{a}$$=3 disruption by electron cyclotron heating in the JFT-2M tokamak

JFT-2Mトカマクでの電子サイクロトロン加熱によるq$$_{a}$$=3ディスラプションの回避

星野 克道; 森 雅博; 山本 巧; 玉井 広史; 荘司 昭朗; 三浦 幸俊; 相川 裕史; 河西 敏; 河上 知秀; 川島 寿人; 前野 勝樹; 松田 俊明; 大麻 和美; 小田島 和男; 小川 宏明; 小川 俊英; 清家 隆光*; 椎名 富雄; 上原 和也; 山内 俊彦

Hoshino, Katsumichi; Mori, Masahiro; Yamamoto, Takumi; Tamai, Hiroshi; Shoji, Teruaki; Miura, Yukitoshi; not registered; Kasai, Satoshi; Kawakami, Tomohide; Kawashima, Hisato; Maeno, Masaki; Matsuda, Toshiaki; not registered; Odajima, Kazuo; Ogawa, Hiroaki; Ogawa, Toshihide; Seike, Takamitsu*; not registered; Uehara, Kazuya; Yamauchi, Toshihiko

JFT-2Mトカマクでパワー70~80kWの電子サイクロトロン加熱により、安全係数q$$_{a}$$=3で出現するMHDディスラプションが抑制・回避されることが見出された。抑制は、電子サイクロトロン共鳴層がq=2位置付近の幅1cm程度の領域にあるときにのみ起きることが特徴である。観測されたこの狭い抑制領域は、磁気島の加熱が抑制に効くことを示唆している。さらに、この領域の加熱は、密度限界で起きるディスラプションの抑制にも有効であることが見出された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:9.99

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.