検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Prescission and postscission charged particle emissions from the $$^{19}$$F+$$^{159}$$Tb reaction

$$^{19}$$F+$$^{159}$$Tb反応からの核分裂前及び後の荷電粒子放出

池添 博; 永目 諭一郎; 西中 一郎*; 杉山 康治; 冨田 芳明; 井出野 一実; 濱田 真悟; 鹿園 直基; 岩本 昭; 大槻 勉*

Ikezoe, Hiroshi; Nagame, Yuichiro; not registered; Sugiyama, Yasuharu; Tomita, Yoshiaki; Ideno, K.; Hamada, S.; not registered; Iwamoto, Akira; not registered

$$^{19}$$F+$$^{159}$$Tb反応における核分裂過程から放出される核分裂前後の陽子と$$alpha$$粒子の数を測定した結果、複合核$$^{178}$$Wが核分裂の過程でサドル変形する時間スケールは約0.5$$times$$10$$^{-20}$$秒であり、サドルから分離点に至るまでに要する時間は約1$$times$$10$$^{-19}$$秒である事がわかった。これは、核物質の粘性が高い事を意味しているが、さらにサドル点から分離点の距離の短い原子核である$$^{178}$$Wと、この距離の長い$$^{236}$$Cmのような原子核をくらべてもサドルから分離点に至る時間に顕著な差は見られなかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:22.24

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.