検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高温工学試験研究炉の中間熱交換器の構造設計

Structural design for intermediate heat exchanger of the HTTR

國富 一彦 ; 竹田 武司 ; 篠崎 正幸; 大久保 実; 丸山 茂樹*; 小池上 一*

Kunitomi, Kazuhiko; Takeda, Takeshi; Shinozaki, Masayuki; Okubo, Minoru; not registered; Koikegami, Hajime*

高温工学試験研究炉(HTTR)の中間熱交換器(IHX)は、10MWの熱交換能力を有するヘリカルコイル型のヘリウム-ヘリウム熱交換器である。IHXは原子炉から輸送された950$$^{circ}$$Cの1次ヘリウムガスと熱交換して、最高905$$^{circ}$$Cの2次ヘリウムガスを得るため、ハステロイXR製の伝熱管等の内部構造物は、常時約930$$^{circ}$$Cのクリープ域で使用する。これらは、原子炉の1次系バウンダリを形成しており、弾性解析に基づいた設計方法では必要な安全余裕を確保できない。そこで、初めて、本格的にクリープ解析を導入して構造設計を行った。本報は、クリープ解析に基づく構造設計の方法及び結果を示したものである。この結果、HTTR10万時間の寿命期間中の内部構造物のクリープひずみ及びクリープ疲労損傷は、運転初期の数サイクルで急速に増加するものの、その後は穏やかに増加し、制限値を超えないことを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:17.89

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.