検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Studies of improved confinement on JFT-2M

JFT-2Mにおける閉込め改善の研究

三浦 幸俊; 相川 裕史; 星野 克道; 河西 敏; 河上 知秀; 川島 寿人; 前田 彦祐; 松田 俊明; 森 雅博; 小田島 和男; 小川 宏明; 仙石 盛夫; 嶋田 道也; 荘司 昭朗; 鈴木 紀男; 玉井 広史; 辻 俊二; 山本 巧; 山内 俊彦; 藤田 隆明*

Miura, Yukitoshi; not registered; Hoshino, Katsumichi; Kasai, Satoshi; Kawakami, Tomohide; Kawashima, Hisato; Maeda, Hikosuke; Matsuda, Toshiaki; Mori, Masahiro; Odajima, Kazuo; Ogawa, Hiroaki; Sengoku, Seio; Shimada, Michiya; Shoji, Teruaki; Suzuki, Norio; Tamai, Hiroshi; Tsuji, Shunji; Yamamoto, Takumi; Yamauchi, Toshihiko; Fujita, Takaaki*

JFT-2Mにおいて観測される閉込め改善モード(H-mode,Improved L-mode,Counter NB injection Pellet with H-mode)は、その実現に異なる手段を用いているが、密度分布から2つの改善モードに大別できる。1つはプラズマ周辺に急峻な密度および温度分布を持つH-modeであり、他はプラズマ中心から急な密度分布を持つ改善モードである。L/H遷移の研究から、H-modeプラズマは、プラズマ周辺ポロイダルラーマー半径程度に-150V/cmの径電場が形成されていること、およびプラズマ周辺イオンの速度分布関数が、H$$_{alpha}$$/D$$_{alpha}$$光の減少より先に起こっていることを明らかにした。Ergodic Magnetic Limiterの実験で、H-modeの不純物の増大をおさえた、定常なH-modeを実現でき、その運転領域を明らかにし、H-modeの制御性を示すことができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.