検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Structural study on rhombohedral nonstoichiometric solid solution, Sr$$_{y}$$U$$_{1-y}$$O$$_{2+x}$$-use of an electrostatic method for atom parameter and stability calculations

菱面体晶不定比性固溶体Sr$$_{y}$$U$$_{1-y}$$O$$_{2+x}$$の結晶構造の研究; 原子位置及び安定性計算への静電的手法の適用

藤野 威男*; 佐藤 修彰*; 山下 利之; 田川 博章*

Fujino, Takeo*; Sato, Nobuaki*; Yamashita, Toshiyuki; not registered

UO$$_{2}$$とSrの固溶体Sr$$_{y}$$U$$_{1-y}$$O$$_{2+x}$$は立方晶蛍石型構造の他に0.05≦y≦0.1、0.15≦x≦0.25の領域で菱面体晶をとる。そこで菱面体晶のSr$$_{0.07}$$U$$_{0.93}$$O$$_{2.78}$$の結晶構造解析を行なった。格子定数はa=7.7413$AA$$$alpha$$=59.31゜となり、立方晶蛍石型構造($$alpha$$=60゜)からわずかに歪んだものである。この結晶の空間群としては、R32、R3、R3mが考えられるが、本試料の粉末X線回折線の数は少なく、X線回折強度から各原子位置を決定することは困難である。そこで、固溶体をイオン結晶と仮定し、マデルング定数を最大とする条件から計算により酸素パラメータを求めた。得られた各原子位置を用いたX線回折強度の計算値と実測値との比較により、空間群はR3mであることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:0.01

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.