検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Suppression of disruptions with ECH on JFT-2M

JFT-2MでのECHによるディスラプションの抑制

星野 克道; 森 雅博; 山本 巧; 玉井 広史; 荘司 昭朗; 三浦 幸俊; 相川 裕史; 河西 敏; 河上 知秀; 川島 寿人; 前野 勝樹; 松田 俊明; 永島 圭介; 大麻 和美; 小田島 和男; 小川 宏明; 小川 俊英; 清家 隆光*; 椎名 富雄; 上原 和也

Hoshino, Katsumichi; Mori, Masahiro; Yamamoto, Takumi; Tamai, Hiroshi; Shoji, Teruaki; Miura, Yukitoshi; not registered; Kasai, Satoshi; Kawakami, Tomohide; Kawashima, Hisato; Maeno, Masaki; Matsuda, Toshiaki; Nagashima, Keisuke; not registered; Odajima, Kazuo; Ogawa, Hiroaki; Ogawa, Toshihide; Seike, Takamitsu*; not registered; Uehara, Kazuya

JFT-2MトカマクでのECH(電子サイクロトロン加熱)によるディスラプション抑制実験に関する招待講演である。プラズマ小半径の70%の位置を局所的に加熱するとディスラプションが防げることを見い出した。この加熱の無い場合には、モードの周波数が小さくなりディスラプションに至るが、局所加熱を行なうとモードの周波数が上がりディスラプションが抑制されている。磁気島の回転周波数に合わせていろいろなタイミングで上記局所加熱を行なった結果、上記位置は磁気島位置に対応し、磁気島の局所加熱がディスラプション抑制の主因であることを見出した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.