検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement techniques for fusion blanket neutronics experiments

核融合ブランケット中性子工学実験のための測定手法

大山 幸夫; 今野 力; 池田 裕二郎; 前川 藤夫; 前川 洋; 山口 誠哉; 津田 孝一; 中村 知夫; M.A.Abdou*; Bennett, E. F.*; R.F.Mattas*; K.G.Porges*; M.Z.Youssef*

Oyama, Yukio; Konno, Chikara; Ikeda, Yujiro; Maekawa, Fujio; Maekawa, Hiroshi; not registered; not registered; Nakamura, Tomoo; M.A.Abdou*; Bennett, E. F.*; R.F.Mattas*; K.G.Porges*; M.Z.Youssef*

核融合ブランケット中性子工学についての日米共同実験を通じて開発または応用された測定手法について述べ、評価を行なう。これらはトリチウム生成率、中性子スペクトル、反応率、ガンマ発熱である。最も重要な、トリチウム生成率には6つの方法、即ち、2つのオンライン法と3つの液体シンチレーション法そして一つのTLD法が開発・適用された。スペクトルではNE213とガス比例計数管、反応率では放射化反応の組合せが選ばれ、ガンマ発熱では、TLD内挿法とNE213による荷重関数法が適用された。これらの測定誤差はトリチウム生成率で3-5%、スペクトルで5-10%、反応率で3-6%、そしてガンマ発熱で10-20%と見積られた。核融合炉装置での実験適用性では、放射化箔法を除いて、高温高磁場環境に直ちに適用できるものはなく、新しい測定技術の開発が必要である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:48.77

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.