検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Investigation of plasma facing components in JT-60U operation

JT-60Uにおける高入力加熱運転後のプラズマ対向材の調査

正木 圭*; 安東 俊郎; 児玉 幸三; 新井 貴; 閨谷 譲; 芳野 隆治; 辻 俊二; 柳生 純一; 神永 敦嗣; 笹島 唯之; 大内 豊; 小池 常之; 清水 正亜

not registered; Ando, Toshiro; not registered; Arai, Takashi; Neyatani, Yuzuru; Yoshino, Ryuji; Tsuji, Shunji; Yagyu, Junichi; Kaminaga, Atsushi; not registered; Ouchi, Yutaka; not registered; Shimizu, Masatsugu

最近のJT-60U実験では、高パワーNBI、LHRFの使用によりプラズマ壁相互作用が激しくなっている。昨年6月、ダイバータ近傍のCFC製第一壁タイルが破損した。この原因は、ディスラプション時のハロー電流による電磁力と考えられる。このタイルの破断に必要な荷重から推定すると、ハロー電流値は約20kAとなる。また、破損したタイルが放電中にポロイダル方向に高速で運動する現象が観測された。昨年8月には、ボルトの緩みにより、ダイバータタイル1枚が離脱し、7枚に深いエロージョンが確認された。昨年11月、ベータ線後方散乱測定法を用いて、ダイバータタイル表面の金属不純物量を測定した。その結果、一昨年と同じ測定部の表面に金属が多く残っており、エロージョンは主にタイルのエッジに集中していることが解った。また、1年間の運転の後でも炭化ボロン層が残っていることも確認された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:81.78

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.