検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis and experimental results on ingress of coolant event in vacuum vessel

真空容器内冷却材侵入事象の数値解析

栗原 良一; 安島 俊夫*; 功刀 資彰; 高瀬 和之; 柴田 光彦 ; 関 泰; 笠原 文雄*; 山内 通則*; 細貝 いずみ*; 大森 順次*

Kurihara, Ryoichi; Ajima, Toshio*; Kunugi, Tomoaki; Takase, Kazuyuki; Shibata, Mitsuhiko; Seki, Yasushi; not registered; Yamauchi, Michinori*; not registered; not registered

日本原子力研究所では、国際熱核融合実験炉ITERのR&Dタスクの一つとして冷却材侵入事象(ICE)実験をTRAC-BF1等の安全性解析コードを検証するための熱流動データを得る目的で実施している。TRAC-BF1コードは元々沸騰水型原子炉の想定過渡事象を詳細に解析するために開発されたコードなので、核融合炉真空容器内で起こるICE現象を解析できるように原研で改良を進めてきた。安全性解析コードのベンチマークテストとしてICE実験を、真空容器内圧力10または10$$^{5}$$Pa、真空容器内温度150または250$$^{circ}$$C、噴出水温度100または200$$^{circ}$$C、噴出水圧力3.5MPaの条件で実施した。TRAC-BF1コードを用いてこれらの実験を解析し、実験と解析の差について考察した。論文ではTRAC-BF1コードの概要と手法、ICEベンチマーク解析の方法と結果及び今後の課題について述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:45.03

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.