検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Relationship between particle and heat transport in JT-60U plasmas with internal transport barrier

JT-60UにおけるITBを有するプラズマでの粒子と熱輸送の関係

竹永 秀信; 東島 智; 大山 直幸; Bruskin, L. G.; 小出 芳彦; 井手 俊介; 白井 浩; 坂本 宜照; 鈴木 隆博; Hill, K. W.*; Rewoldt, G.*; Kramer, G. J.*; Nazikian, R. M.*; 滝塚 知典; 藤田 隆明; 逆井 章; 鎌田 裕; 久保 博孝; JT-60チーム

Takenaga, Hidenobu; Higashijima, Satoru; Oyama, Naoyuki; Bruskin, L. G.; Koide, Yoshihiko; Ide, Shunsuke; Shirai, Hiroshi; Sakamoto, Yoshiteru; Suzuki, Takahiro; Hill, K. W.*; Rewoldt, G.*; Kramer, G. J.*; Nazikian, R. M.*; Takizuka, Tomonori; Fujita, Takaaki; Sakasai, Akira; Kamada, Yutaka; Kubo, Hirotaka; JT-60 Team

JT-60Uの負磁気シア及び高$$beta_{p}$$モードプラズマにおける内部輸送障壁(ITB)での粒子と熱輸送の関係について系統的に調べた。ヘリウムと炭素はITB内側で蓄積しないが、重不純物のアルゴンはITB内側で蓄積することを明らかにした。ヘリウムの拡散係数とイオンの熱拡散係数は、高$$beta_{p}$$モードプラズマでは、新古典値より5-10倍程度大きく、異常輸送が支配的である。負磁気シアプラズマでは、ヘリウムの拡散係数はイオンの熱拡散係数とともに、異常拡散が支配的な領域から新古典値程度まで減少する。炭素及びアルゴンの密度分布は、イオンの熱拡散係数が新古典値程度まで減少していても、新古典理論から計算される分布より平坦であり、炭素,アルゴンの拡散係数は新古典値より大きい。高$$beta_{p}$$モードプラズマに電子サイクロトロン加熱(ECH)を適用した場合に、密度と中心部の軟X線強度が顕著に減少し、アルゴンが中心領域から吐き出されることを見いだした。このとき、密度のITBはほぼ無くなっており、それにより新古典理論で予測される密度勾配によるアルゴンの内向き速度が減少する。負磁気シアプラズマでは、ECHによる明確な密度及び軟X線強度の減少は観測されなかった。このことは、不純物の蓄積を抑えるためには、密度勾配の制御が重要であることを示している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:10.94

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.