検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of a fast neutron radiography converter using wavelength-shifting fibers

波長変換ファイバーを用いた高速中性子ラジオグラフィ用蛍光コンバータの開発

松林 政仁; 日引 俊*; 三島 嘉一郎*; 吉井 康司*; 岡本 孝司*

Matsubayashi, Masahito; Hibiki, Takashi*; Mishima, Kaichiro*; Yoshii, Koji*; Okamoto, Koji*

シンチレータと高水素含有樹脂からなる高速中性子ラジオグラフィ用蛍光コンバータが開発され、電子撮像に応用されてきた。高速中性子とコンバータとの反応割合は、コンバータを厚くすることによって増加されるが、蛍光コンバータ自身が不透明であることから内部の発光はコンバータ表面に到達するまでに減衰を受ける。高速中性子ラジオグラフィ用の蛍光コンバータにおいて輝度を改善するために、コンバータ内部の発光を波長変換ファイバーを用いて観察側端面に伝達する新しい考えを取り入れた蛍光コンバータを考案した。東京大学の高速中性子源炉弥生で実施した実験により、波長変換ファイバーを用いた蛍光コンバータが従来型のポリプロピレン樹脂を用いた蛍光コンバータより高輝度であることが確認された。

A fluorescent converter for fast neutron radiography (FNR) comprising a scintillator and hydrogen-rich resin has been developed and applied to electronic imaging. The rate of the reaction between fast neutrons and the converter is increased by thickening the converter, but its opaqueness attenuates emitted light photons before they reach its surface. To improve the luminosity of a fluorescent converter for FNR, a novel type of converter was designed in which wavelength-shifting fibers were adopted to transport radiated light to the observation end face. The performance of the converter was compared with that of a polypropylene-based fluorescent converter in an experiment conducted at the fast-neutron-source reactor YAYOI in the University of Tokyo.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:43.77

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.