検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

モンテカルロセミナー実施報告; 2000年7月$$sim$$2002年7月, 日本原子力研究所

An Enforcement report on the Monte Carlo Seminars; July 2000 - July 2002, JAERI

桜井 淳; 久米 悦雄; 前川 藤夫; 野尻 一郎*

Sakurai, Kiyoshi; Kume, Etsuo; Maekawa, Fujio; Nojiri, Ichiro*

セミナーで行った特徴的事項はつぎのとおりである。理論セミナーでは、独自に編集した連続エネルギーモンテカルロ教科書を採用し、実際の計算に役立つ講義内容とした。未臨界セミナーでは実際の核燃料サイクル施設の計算を実施した。遮蔽セミナーと高エネルギーセミナーではウェイト下限値の的確な評価法が身に付くように理論と計算演習を実施した。三つの計算セミナーの教材には、JENDL-3.2から編集した293Kの340核種の汎用中性子断面積ライブラリを採用し、一般的な計算にも対応できるようにした。三つの計算セミナーには、いずれもひとつずつ、研究に使用している世界でも代表的なベンチマーク実験問題を含め、計算法の検証が可能なようにした。三つの計算セミナーでは、モンテカルロ法をまったく知らない初心者でも、5時間の講義及び計算演習により、ひとりで的確な計算ができるようにすることができた。セミナー参加者との質疑応答をくり返し、講義や教材に含まれていた曖昧さを排除し、確実な内容に改善した。

New attempt on the Monte Carlo seminars is as following; authors prepared the practical lecture note and the text book of continuous energy Monte Carlo method. The exact evaluation method of lower weight bound was proposed in the shielding safety analysis seminar and the high energy calculation seminar. For the general Monte Carlo calculation, the neutron cross-section library including 340 nuclides with 293K, that was compiled from JENDL-3.2, was used for all Monte Carlo Calculation seminars. Also for the check of the calculation method, benchmark experiment problem was used for each calculation seminar.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.