検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of depth distributions of $$^{3}$$H and $$^{14}$$C induced in concrete shielding of an electron accelerator facility

電子加速器施設コンクリート遮へい体中に生成された$$^{3}$$H及び$$^{14}$$Cの深度分布の測定

遠藤 章; 原田 康典; 川崎 克也; 菊地 正光

Endo, Akira; Harada, Yasunori; Kawasaki, Katsuya; Kikuchi, Masamitsu

東海研究所の電子リニアックは、核物理研究,放射性同位元素の製造等に用いられる強力中性子,光子及び電子線源として33年間利用され、1993年にその運転を停止した。本研究では、コンクリート遮へい体中に生成された誘導放射性核種量を調査するために、ボーリングにより遮へい体から試料を採取し、$$^{3}$$H及び$$^{14}$$Cの濃度分布を測定した。測定結果は、加速器施設のデコミッショニング,廃棄物管理における有用なデータとして利用することができる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:66.37

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.