検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

I-A. Models for atmospheric releases: I-A.1. Models used by JAERI, Japan

I-A. 大気放出モデル: I-A.1. 原研モデル

天野 光; 安藤 麻里子; 高橋 知之*

Amano, Hikaru; Atarashi-Andoh, Mariko; Takahashi, Tomoyuki*

IAEAが主催した生態圏核種移行モデル検証プログラムBIOMASSにはトリチウムの環境挙動モデル検証が含まれていた。原研はこのモデル検証に参加した。モデルの課題は、トリチウム(HTOとHT)の大気放出があった時に、風下での大気や土壌,植物中の自由水及び組織結合中のトリチウム濃度を予測するというものである。原研は独自に開発したコードETDOSEを用いて、計算を行った。本解説ではETDOSEの概要につき報告した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.