検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Soft X-ray magnetic circular dichroism study of [Co/Pd] multilayered perpendicular magnetic films

軟X線MCD測定による[Co/Pd]n多層垂直磁化膜磁性の研究

安居院 あかね; 水牧 仁一朗*; 松下 智裕*; 朝日 透*; 川治 淳*; 佐山 淳一*; 逢坂 哲彌*

Agui, Akane; Mizumaki, Masaichiro*; Matsushita, Tomohiro*; Asahi, Toru*; Kawaji, Jun*; Sayama, Junichi*; Osaka, Tetsuya*

本研究では、下地層材料及びその膜厚を変化させた[Co/Pd]n多層膜の軟X線磁気円二色性吸収(MCD)を測定し[Co/Pd]n多層膜の磁気モーメントに関する知見を得ることを試みた。実験は、SPring-8の軟X線分光ビームライン(BL23SU)にて行った。挿入光源の駆動による偏光反転と分光器のエネルギー挿引とを組合せMCDを全電子収量法で測定した。試料はマグネトロンスパッタリングにより室温で作製され、積層数,下地層の種類,膜厚を変えた下地層の上に0.8nmのPd層と0.2nmのCo層を交互に積層させたものであった。測定の結果、下地効果によるマクロな磁気特性の変化から期待されるようなMCDスペクトルの大きな変化は見られず、多層膜上部のCoの電子状態は下地層を変えても大きく変化しないことを示した。したがって、下地層は[Co/Pd]n層との界面近傍の初期成長層のみに影響を与え、それによって、多層膜の全体の磁気特性が大きく変化していると考えられる。

The electronic and spin states of [Co/Pd] multilayered perpendicular magnetization films with various seedlayers have been investigated by means of soft X-ray absorption and magnetic circular dichroism spectroscopy at the Co ${it L}$$$_{2,3}$$-edges. The expectation values of the orbital angular momentum $$<$$${it L}$$$_{z}$$$$>$$ and the spin angular momentum $$<$$${it S}$$$_{z}$$$$>$$ of Co atom in the [Co/Pd] multilayered film were estimated using the sum rule. It was found that the seedlayer changes macroscopic magnetic properties of the [Co/Pd] multilayered film without affecting the electronic and spin states of the upper layers of Co.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:28.9

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.