検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Characterization of radionuclides formed by high-energy neutron irradiation

高エネルギー中性子照射により生成された放射性核種の性状

横山 須美; 佐藤 薫; 野口 宏; 田中 進; 飯田 孝夫*; 古市 真也*; 神田 征夫*; 沖 雄一*; 金藤 泰平*

Yokoyama, Sumi; Sato, Kaoru; Noguchi, Hiroshi; Tanaka, Susumu; Iida, Takao*; Furuichi, Shinya*; Kanda, Yukio*; Oki, Yuichi*; Kaneto, Taihei*

高エネルギー陽子加速器施設における内部被ばく線量評価法及び空気モニタリング技術を開発するためには、高エネルギー陽子の加速に伴い、2次的に発生する中性子や陽子と空気構成成分との核破砕反応により空気中に生成される放射性核種の性状を明らかにしておく必要がある。このため、これらの核種のうち、まだ十分なデータが得られていない放射性塩素及び硫黄ガスの物理化学的性状を明らかにするために、Arと空気を混合したガスまたはエアロゾルを添加したArガスへの中性子照射実験を実施した。この結果、浮遊性放射性塩素は非酸性ガスとして、放射性硫黄は酸性ガスとして存在すること,放射性塩素及び硫黄ともにエアロゾルに付着すること,放射性塩素は壁面へ付着しやすいことが明らかとなった。

The physicochemical property of radionuclides suspended in the air is an important parameter to evaluate internal doses due to the inhalation of the airborne radionuclides and to develop the air monitoring system in high-energy proton accelerator facilities. This study focuses on the property of radioactive airborne chlorine ($$^{38}$$Cl and $$^{39}$$Cl) and sulfur ($$^{38}$$S) formed from Ar gas by irradiation with high-energy neutrons. As a result of the irradiation to a mixture of Ar gas and dry air, $$^{38}$$Cl and $$^{39}$$Cl existed as non-acidic gas and $$^{38}$$S was present as acidic gas. Further, it was found that in the high-energy neutron irradiation to aerosol containing-Ar gas, the higher the amount of radioactive aerosols becomes, the lower that of radioactive acidic gas becomes.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:87.75

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.