検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Enhancing team situation awareness of plant operators through team-level mutual awareness inference

協調作業における相互認識の推論手法に基づく共同作業状態の認識を拡張方式

Shu, Y.; 中島 憲宏; 古田 一雄*

Shu, Y.; Nakajima, Norihiro; Furuta, Kazuo*

共同作業効率の信頼性を向上させるためには、共同作業状態の認識率を向上させることが重大な要因となっている。 本論では、人間の共同作業と構造物の間を効果的に包含する方法や、共同作業時の相互理解の達成方法について、報告する。TSAに関しては、状態認識における推論や、認知、そして相互の反応性といった要素が共同作業において不可欠な要素であると考え、共同作業者の相互の信頼関係の健全性と完全性といった2つの視点から共同作業状態の認識の適切性を導出する方式を確立した。本方式を シミュレーションにより確認した結果、共同作業者の内部の知識に依存して効果的な共同作業状態の認識を確立できることが確認できた。これにより外部環境情報を用いる有効性を確認した。

Team Situation Awareness (TSA) is a critical contributing factor in enhancing reliability of team performance. How to effectively incorporate between human teams and artifacts, how to achieve mutual understanding, is the major topic in this paper. Based on our previous study on TSA, an argument will be presented that recognition, SA inferring, and mutual responsiveness are the prerequisite abilities to engage in cooperative activity. We also develop the principle to assess appropriateness of TSA from two aspects: the soundness and completeness of mutual belief. Simulation results will be given to indicate that team uses the information from external environment to establish effective TSA based on internal knowledge.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.