検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Onset of intruder ground state in exotic Na isotopes and evolution of the $$N=20$$ shell gap

中性子過剰Na同位体における侵入者基底状態の始まりと$$N=20$$殻ギャップの進化

宇都野 穣   ; 大塚 孝治*; Glasmacher, T.*; 水崎 高浩*; 本間 道雄*

Utsuno, Yutaka; Otsuka, Takaharu*; Glasmacher, T.*; Mizusaki, Takahiro*; Homma, Michio*

中性子過剰ナトリウム同位体の電磁モーメントとエネルギー準位を、$$sd$$殻と$$pf$$殻の一部を模型空間にとったモンテカルロ殻模型によって系統的に計算した。計算の結果、これらの測定量をよく再現するとともに、ナトリウム同位体では、中性子20の魔法数の消滅が中性子数18から始まり、中性子数19では完全に魔法数が消滅することを示した。従来は、束縛エネルギーの議論から中性子数20にて初めて魔法数が消滅するとされていたが、電磁モーメントなどからその解釈は否定されることを示した。この結果は、中性子数20の殻ギャップがナトリウム同位体近傍では安定核近傍に比べて著しく狭まっていることを示している。

We perform systematic calculations of nuclear moments and energy levels in neutron-rich Na isotopes with the Monte Carlo shell model by adopting a large model space consisting of the full $$sd$$ and part of the $$pf$$ orbits. The calculation well reproduces those observables. The result shows that the disappearance of the $$N=20$$ magic number starts already at $$N=18$$ and that the magicity completely disappears for the $$N=19$$ isotone $$^{30}$$Na. This is in sharp contrast to previous consensus that the magic number disappears at $$N=20$$ and beyond. This early onset of disappearance indicates that the $$N=20$$ shell gap considerably narrows in Na isotopes compared to stable nuclei near $$^{40}$$Ca.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:98.16

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.