検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Status of the JENDL project

JENDL計画の現状

柴田 恵一; 中川 庸雄; 深堀 智生; 市原 晃; 岩本 修; 大塚 直彦*; 片倉 純一

Shibata, Keiichi; Nakagawa, Tsuneo; Fukahori, Tokio; Ichihara, Akira; Iwamoto, Osamu; Otsuka, Naohiko*; Katakura, Junichi

招待講演としてJENDL計画の現状について報告する。内容は、以下の通りである。汎用ライブラリーとして、JENDL-4が開発中である。このライブラリーでは、中性子入射反応に加え、荷電粒子・光子入射反応や自発核分裂データも核種を限定して扱われる。最大入射エネルギーはニーズに応じて、現行の20MeVより拡張される。JENDL-4では、マイナーアクチニドやFPデータの精度向上,共分散データの充実等が図られるとともに、品質保証が重要なテーマとなる。一方、特殊目的ファイルとしてはJENDL高エネルギーファイル、光核反応データファイルを今年公開した。また、ADS開発のために、アクチニドファイルや共分散ファイルの作成を行っている。評価用コードの開発では、核反応断面積計算コードを作成し、最新の原子核理論をデータ評価に活用している。さらに、データ利用者のために、インターネットを介した総合核データ利用システムを開発中である。

The presentation deals with the activities on JENDL. JENDL-4 is being developed as a general purpose library. This library will include charged-particle and photon induced reaction data as well as spontaneous fission data for a limited number of nuclei in addition to neutron induced reaction data. The maximum incident energy can be extended to higher values than 20 MeV depending on data needs. Key subjects are improvements of accuracy of minor actinide and FP data, evaluations of covariances and so on. Quality assurance is regarded as important for JENDL-4. As special purpose files, we released the JENDL High Energy File and Photonuclear Data File this year. For the development of ADS, the Actinide File is being made. Furthermore,covariance data for some nuclei are also evaluated for ADS. Nuclear model codes are developed in order to reflect recent advances in nuclear theory on data evalulations. For users' covenience, we are working on the development of the Combined System for Nuclear Data Utilization, Circulaiton and Transfer.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.