検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Studies on the nickel・iodine・sulfur process for hydrogen production

ニッケル・ヨウ素・硫黄プロセスによる水素製造の研究

佐藤 章一; 清水 三郎; 中島 隼人; 小貫 薫; 池添 康正; 諏訪 武

not registered; Shimizu, Saburo; Nakajima, Hayato; not registered; Ikezoe, Yasumasa; not registered

ニッケル・ヨウ素・硫黄を用いる水素製造プロセスについて研究した。ヨウ化ニッケルを硫酸ニッケルから分離する方法として、溶媒抽出に代えて晶出分離を行うことにより、プロセス効率は大幅に上昇した。その他、ニッケル塩の溶解度、沃化ニッケル含水塩、無水塩の分解平衡圧、沃化ニッケルの熱分解速度、三酸化硫黄の接触分解など、プロセスに含まれる平衡、速度の測定を行った。プロセスの熱収支を算出した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:73.43

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.