検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Investigation of pre- and post-dryout heat transfer in upward steam-water two-phase flow at low flow rate with improved surface temperature measurement

表面温度測定法を改良した低流量蒸気-水上昇二相流のドライアウト前及びドライアウト後の熱伝達の研究

小泉 安郎; 熊丸 博滋; 田坂 完二

Koizumi, Yasuo; not registered; Tasaka, Kanji

流量100~300kg/m$$^{2}$$s、クオリティ0.15~1.0、熱流束~4.9$$times$$10$$^{5}$$w/m$$^{2}$$、圧力3.1MPaの条件下で水-蒸気二相流熱伝達実験を行った。この領域は、原子炉LOCA時に炉心熱伝達で重要となる領域であるが、従来のデータは少ない。用いた装置は環状流路で、中に発熱長2m、外径12.27mmのロッドが入っており、流路巾は4.865mmである。壁面温度測定誤差を小さくするために、ロッド外表面に熱電対が埋め込まれている。ドライアウト前の領域では従来の相関式、Schrock & Grossman,Pujal & Stenning の各式が有用であることがわかった。ドライアウト後の領域では熱伝達率と Dougall & Rohsenow 式は課題に見積もること、Groeneveldの式とは比較的よくあうが、壁面温度とクオリティの値によって一致の度合は影響を受けること、クオリティが増加するにつけ蒸気単相熱伝達率に漸近すること等の結論を得、前報の結果を確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:60.12

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.