検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Mechanism of state-specific enhancement in photon-stimulated desorption as studied using a polarization-dependent technique

内殻電子励起によるイオン脱離の偏光依存性と角度分布

関口 哲弘; 馬場 祐治; 下山 巖; Wu, G.*; 北島 義典*

Sekiguchi, Tetsuhiro; Baba, Yuji; Shimoyama, Iwao; Wu, G.*; Kitajima, Yoshinori*

回転型飛行時間質量分析装置(R-TOF-MS)を用いて、分子固体表面最上層で起こる結合解離と脱離過程における分子配向効果を研究した。凝縮塩化ベンゼンの質量スペクトル,電子収量法,イオン収量法による高分解能NEXAFSスペクトルの偏光角度依存性を報告する。凝集分子ではCl 2s$$rightarrow$$$$sigma$$*$$_{C-Cl}$$共鳴励起でCl$$^{+}$$イオン収量が増加する現象に関して顕著な配向効果が観測された。下層による緩和に表面上の分子の結合方向が大きく影響を受けることから、この配向効果には電荷中性化緩和が重要な役割を果たしている。$$pi$$*$$_{C=C}$$共鳴励起では偏光依存性を全く示さなかった。このことから離れた原子を内殻励起しても「遠い」結合には直接解離が起こらず、おもに2次電子により解離が引き起こされるものと考察する。

Using a newly developed rotatable time-of-flight mass spectrometer(R-TOF-MS) and polarized synchrotron radiation, orientation effect on fragmentation and desorption pathways occurring at the top-most layers of molecular solids have been investigated. Reported will be polarization-angle dependencies of TOF mass spectra, high-resolution electron- and ion-NEXAFS in condensed chlorobenzene.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:86.42

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.