検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

TRIACにおけるECRイオン源の現状

Status of the ECR ion source for TRIAC

仲野谷 孝充; 松田 誠; 藤井 義雄*

Nakanoya, Takamitsu; Matsuda, Makoto; Fujii, Yoshio*

原研ではKEKと共同でTRIAC(Tokai Radioactive Ion Accelerator Complex)の建設を行ってきた。TRIACとは安定核ビーム及び短寿命核ビームを1MeV/uまで加速することができる複合型加速器である。安定核ビームはECRイオン源により生成され、おもに短寿命核を効率よく加速するためにパイロットビームとして用いられる。また、将来計画では大強度の安定核ビーム用のイオン源としても期待されている。これまでに、同イオン源から窒素やネオン等の気体元素のイオン化,加速は多くの実績がある。しかし、多様な短寿命核種のパイロットビームや大強度安定核ビームとして利用するために生成イオン種の拡大が求められている。そこでオーブン法により各種の金属イオンの生成を試みた。オーブン法では金属蒸気を生成するためのオーブンをイオン源内に直接導入する。そのためオーブンには坩堝容積を確保しながら本体の縮小化や、少ない熱輻射で高い到達温度等の相反する性能が求められる。これらの点を踏まえオーブンの開発を行った。結果、これまでにFeやAu等の17種類の金属イオンを生成することができた。

TRIAC (Tokai Radioactive Ion Accelerator Complex) facility can accelerate both radioactive and stable ion beams up to 1.1Mev/u. In this facility, an ECR ion source is used for production of stable ion beams. Stable ion beams are used mainly as a pilot beam for radioactive ion beam. ECR ion source is required to produce many kinds of ion species, not only gas state elements. So, we developed a high temperature oven for obtaining metal ion beams. This paper describes the design and detail of the oven and experimental results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.