検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Phenomenological nuclear level densities using the KTUY05 nuclear mass formula for applications off-stability

原子質量模型KTUY05を用いて決定した現象論的原子核準位密度

河野 俊彦*; 千葉 敏; 小浦 寛之 

Kawano, Toshihiko*; Chiba, Satoshi; Koura, Hiroyuki

最新の原子質量模型KTUY05の殻補正エネルギーと対エネルギーを用いて量子効果を取り入れた原子核の準位密度パラメータとその系統性を現象論的に導出した。殻効果の励起エネルギー依存性としてはIgnatyukの公式を用いて、Gilbert-Cameron型の複合公式により表した準位密度公式で最新の準位間隔データを再現できるパラメータを求めた。低励起状態では低温度模型を用いて、1000以上の原子核の準位構造データを考慮してパラメータを決定した。また、求めたパラメータから、未知核種に対しても適用可能な系統式を作成した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:5.09

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.