検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

日本および諸外国における生物圏評価モデル・コードに関する調査

None

馬場 智子; 石黒 勝彦

not registered; Ishiguro, Katsuhiko

地層処分処分システムの安全性は、処分場から移行した核種による人間への放射線学的影響を評価することなどによって判断されると考えられる。このため生物圏に流入した核種の移行とこれによる被ばくのプロセスをモデル化し、地層処分に起因する人間への影響を評価することは、処分システムの安全性を示す指標のひとつとなりうる。生物圏は人工バリアや地質学的な時間スケールにわたって安定な地層に比べ気候変動や人間活動などの影響を受けやすく、モデル化にあたっては将来の生活環境や様式について恣意性を排除した方法で行う必要がある。これまで生物圏評価について一般化された方法論は存在していなかった。この問題について、国際共同研究プロジェクトBIOMOVS(BIOsphericMOdelValidationStudy)やIAEAのBIOMASS(InternationalprogrammeonBIOsphereModellingandASSessmentmethods)では、体系的なアプローチによりモデル化のための方法論が検討されてきている。第2次とりまとめにおける生物圏評価では、生物圏評価における国際的研究動向を把握し、これまでに構築してきた生物圏評価手法・モデルを、最近の国際的研究動向等を反映させて高度化する必要がある。そこで、日本に適した生物圏評価モデルの構築に資することを目的として、諸外国における生物圏評価手法・モデルに関する文献調査を行った。調査の対象としたのは、BIOMOVSおよびBIOMASSで取り扱われている生物圏評価モデル構築手法、BIOMOVSの生物圏評価モデル構築手法にしたがって検討された生物圏評価モデルである。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.