検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

QA issues for site hydrochemical data used for groundwater evolution models

地下水水質形成モデルで求められる地下水データの品質保証項目

笹本 広  ; 油井 三和; D.Savag*; Bille, B.*

Sasamoto, Hiroshi; Yui, Mikazu; D.Savag*; Bille, B.*

地下水水質形式のモデル化の対象となるサイトや処分場の変遷過程を評価するために地下水データを用いる場合、データを用いる前に、データの品質や目的にあったデータであるかどうかについての評価を行う必要がある。本報告書では、データの品質保証に係わる事項・内容について整理した。その結果、地下水地球化学に関するモデル化を行う上では、以下の点に留意することが必要であると考えた。・どの様にして地下水試料がサンプリングされたか(試錐孔掘削中にサンプリングされた地下水か、水理試験の間にサンプリングされた地下水か、原位置での測定値か、試錐孔からポンプで汲み上げられた地下水か、原位置での圧力状態を保ったままサンプリングされた地下水か)。・掘削水の影響等を受けていない地下水試料をどの様にしてサンプリングしたのか。また、その手法に伴う地下水試料への影響(誤差)は、どの程度なのか。・地下水サンプリングの間に脱ガスの影響を受けていないか。もし脱ガスの影響を受けているならば、もとの状態の(正確な)地下水組成を推定するため、地球化学モデルによる補正がなされているか。・地下水の酸化還元状態の非平衡の度合いを把握するため、キーとなるサンプルに対して、異なる手法(例えば、電極によるEhの測定や酸化還元反応に鋭敏な化学種濃度の測定等)による酸化還元状態の調査が行われているか。・地下水試料の濾過方法はどの様にして行われたか。また、室内での水質分析のために、地下水試料をどの様に保存していたか。・低濃度である溶存アルミニウム(通常、0.2mg/L未満)の測定にあたり、精度良く、再現性のあるデータを得るため、地下水試料の濾過($$<$$0.1$$mu$$m)や化学分析について、十分信頼できる方法が採用されているか。・地下水試料の化学分析における誤差や検出限界はどの程度なのか。また、測定値に誤りが無いかどうかを確かめるため、電荷バランスのチェックや全溶解成分に関する測定値と計算値の比較等を行っているか。・キーとなる地下水試料が採取された場所での岩石試料に対して、詳細な鉱物学的分析が行われているか。

Groundwater data used for modelling site or repository evolution need to be assessed for their quality and whether they are "fit for purpose", prior to utilization. This report discuss factors and issues which impinge upon the quality of such data. It is recommended that geochemical modelleres : (1)are aware of how groundwater samples were collected, whether during drilling, during hydraulic testing, or thereafter, by in-situ measurement, pumped from boreholes, or by pressurised sampler ; (2)are aware of what procedures (if any) were used to "correct" samples for drill fluid contamination and what errors were associated with those methods ; (3)are aware of whether samples were subject to de-pressurisation during sampling, and whether geochemical modelling techniques were applied to correct the compositions of samples for that process ; (4)request different measures of redox activity (e.g., electrode measurements of Eh, concentrations of different redox-sensitive aqueous species) to be applied to key groundwater samples to investigate the extent of redox equilibrium ; (5)are aware of how groundwater samples were filtered and preserved for off-site analysis ; (6)ensure that adequate methods of groundwater filtration ($$<$$ 0.1$$mu$$m) and chemical analysis are applied to ensure accurate and reproducible analyses for dissolved aluminum at low levels of concentration (generally less than 0.2 mg/L) ; (7)are aware of elemental errors and detection limits in chemical analysis of groundwater samples and assess the quality of groundwater analyses via ion exchange balances and via a comparison of measured and calculated values for total dissolved solids contents. (8)ensure that detailed mineralogical analysis is carried out on rock samples from locations where key groundwater samples have been extracted.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.