検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高温アスファルトの流下試験-アスファルト固化処理施設火災爆発事故の原因究明・再発防止に関する調査・検討-

Test on the flowing down of simulated bituminized product

加藤 良幸; 青山 誠; 米谷 雅之; 山内 孝道

not registered; Aoyama, Makoto; not registered; Yamanouchi, Takamichi

アスファルト固化処理施設で発生した火災爆発事故の発生原因を究明するため、事故発生直前の施設の運転状態を調査した。調査の結果、火災発生前のアスファルト固化体の製造時において、エクストルーダーから流下されるアスファルト混合物が通常よりも柔らかく、また充てん中のドラムからは通常と違って大量の白い蒸気のようなものが観察されていたことが運転員の聞き取り調査でわかった。(東海再処理施設アスファルト固化処理施設における火災爆発事故調査委員会の資料11-5)この観察結果とアスファルト混合物の温度との関係を把握するために、アスファルト混合物の温度をパラメータとして模擬アスファルト混合物を流下させる試験を実施した。試験実施時には、事故当時の運転員に立ち合ってもらい、事故当時と試験での流下状態の比較(230度C及び270度C試験時並びにエクストルーダ製模擬アスファルト試験時)を行った。この結果、多くの作業員は、230度Cの流動状態は、通常の運転時と良く似ており、270度Cの流動状態は、事故直前時の運転時と良く似ているという証言が得られ、事故時の流下温度は通常運転時と比べてかなり高かったものと推察できる。(これらの証言は、主観的である上に、試料が模擬のアスファルト混合物であるため、温度に関する定量的な評価はできなかった。)また、模擬アスファルトを1mの高さから流下させると流下中に放冷されて温度が10$$sim$$20度C程度低下することが分かった。さらに、模擬アスファルトを加熱して160度C以上になると表面に発泡層が生成するが、この泡の発生量は温度が高くなるほど多くなり、250度C以上になると発生する泡の直径がそれまでの約1mmのものから約5mmの大きなものへと変化した。発生したガスの成分はその臭い及び発生状況からアスファルトの熱分解生成物と考えられる。なお、流下させる前に十分発泡させた模擬アスファルトを流下させると流下後のアスファルト表面にはごく僅かにしか泡が生じないことから、流下中の空気の巻き込みは少ないものと考える。

The fire and explosion incident occurred at Bituminization Demonstration Facility of PNC Tokai Works on March 11, 1997. In order to ascertain the cause of incident, the investigation has been pushed forward. During investigation, we obtained essential information from operators, such as softness of bituminized product, white smoke generated from bituminized product. This condition has never been observed comparing past normal operation. Therefore, we assumed that temperature of bituminized product had increased more than expected. In order to confirm above assumption, we made experiment for obtaining the relationship between temperature and fluidity of bituminized product. Simulated bituminized product was heated up to each temperature (210, 230, 250, 270$$^{circ}$$C) in a pot and poured down into an another pot. We observed the fluidity of bituminized product when it flowing down into a pot. The fluidity of bituminized product increased with high temperature. The fluidity of bituminized product at 270$$^{circ}$$C looked similar to fluidity of bituminized product that had ignited itself at the incident. White smoke generated from bituminized product and amounts of white smoke increased with high temperature. The smoke was considered to be gas that generated through thermal decomposition or volatilization of bitumen.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.