検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

感度解析による地層処分安全評価生物圏モデルのパラメータの不確実性に関する検討

Discussion of uncertainties associated with parameters of biosphere model for safety assessment of geologieal disposal through sensitivity analysis

加藤 智子; 石原 義尚; 鈴木 祐二*; 内藤 守正

Kato, Tomoko; not registered; not registered; not registered

地層処分安全評価の生物圏モデルに適用されるレファレンスバイオスフィアの考え方は、生物圏を、地層処分の安全性を判断するうえで線量などの適切な指標に変換するための道具としてとらえるものであり、予測が困難な将来の人間の環境や生活様式の想定に伴う不確実性に対して有効となる。一方、モデルで用いるパラメータには、分配係数の測定などデータ取得に伴う不確実性、統計値などに含まれるデータ加工に伴う不確実性、さらに蓄積された多くのデータで構成されるデータ範囲の中からデータを選択する際の判断に伴う不確実性などが存在し、結果としてモデル特性の不確実性として内在することになる。これらの不確実性については、感度解析を行うことによってモデル全体に与える影響を定量的に把握することが可能である。本検討では、一例として地形が平野にあり地下水が降水系の場合で河川に放射性核種が流入することを想定した生物圏モデルを取り上げ、各パラメータの取りうる範囲に基づく感度解析を行い、モデル全体に与える影響を定量的に求めることによって、各パラメータの重要度を把握することを試みた。

Reference Biospheres are regarded as tools which can be used for making reasonable estimates of radiological impacts for the purposes of safety assessment of geological disposal. Moreover, those are available for reducing the uncertainties based on future human environments and lifestyles. On the other hand, it is recognised that the parameter values have some uncertainties derived from experimental or sampling errors. It is possible to estimate the impacts of these uncertainties throughout the model by sensitivity analysis. Thus for this study, to evaluate the impact of the variation of migration conditions and exposure pathways, we changed some of migration and exposure parameters in turn, which were used in the compartment model where the geosphere-biosphere interface is a river in a plain.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.