検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

一般廃棄物発生量低減対策検討会報告書

Study on reducing the generation of general waste

青木 勲; 綿引 政俊 ; 芳賀 哲也 ; 菊池 圭一 ; 須藤 勝夫 ; 綱嶋 康倫; 岡本 成利

Aoki, Isao; not registered; Haga, Tetsuya; not registered; Sudo, Katsuo; not registered; not registered

平成11年8月、東海事業所における一般廃棄物の100%リサイクル運動について、所長より提言がなされ、現在、環境保全・研究開発センターを中心にその取組みが展開されている。これを受け、プルトニウム燃料センターにおいては、プルセンターをコストミニマムに運営するにあたり、廃棄物の低減化についての問題意識の醸成を図りつつ、低減化の具体策等を検討することを目的に一般廃棄物発生量低減対策検討会を設置し、検討を進めてきた。本報告書は、廃棄物等の分類方法、処理フロー及び発生量等を調査した結果から明らかとなった問題点を整理し、廃棄物発生量低減化に向けた具体策、リサイクルに向けた具体策及びそれらを実施する際の課題等についてまとめたものである。廃棄物発生量の低減を実現するためには、従業員各個人の問題意識の醸成はもちろんのこと、プルセンターとして、廃棄物の低減化に向けた取組みを展開していくことが肝要であり、本報告書の対策案を可能な限り実施すべきであると考える。廃棄物発生量の低減化、リサイクルの推進等をプルセンター内従業員が行うことが、環境保全、社会的責任、コスト意識の醸成に繋がり、近い将来「一般廃棄物の100%リサイクル」が達成されると思われる。

On August 1999, the Director of Tokai Work proposed an activity regarding recycling and reuse of general waste generated from Tokai Works. The activity was initiated by the Waste Management and Fuel Cycle Research Center, and is now being in progress through out the Tokai Works. In the course of this activity, Plutonium Fuel Center had settled the Working Group and the issues related to the waste reduction have been examined. This report collects the problems that became obvious through the survey of existing segregation method, treatment process, and the amount of the waste generation, and accounts for the concrete methodology for the recycling and reuse of general waste. In order to reduce waste, it is necessary to aware of the facing issues and adopt the countermeasures proposed in this report whenever possible. The activity will then leads us to reduce waste generation, which in turn will enable us to make 100 % waste recycling possible.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.