検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「常陽」制御棒操作自動化システムの開発; オフラインシステムMK-III適用性評価

Development of the Automatic Control Rod Operation System for JOYO; Appreciation of apply to MK-III reactor operation

寺門 嗣夫; 星野 勝明; 鈴木 伸也; 伊東 秀明; 青木 裕; 大戸 敏弘

Terakado, Tsuguo; Hoshino, Katsuaki; Suzuki, Shinya; Ito, Hideaki; Aoki, Hiroshi; Odo, Toshihiro

高速実験炉「常陽」では、原子炉の起動から停止までの全ての運転領域にわたる原子炉出力の自動制御化を実現し、より一層の運転信頼性を図ることを目的として、ファジィ推論による制御棒操作自動化システムの開発を進めている。制御棒操作自動化システムを実機に据付ける前段階として、MK-Ⅱ原子炉運転時に開発した「制御棒操作自動化オフラインシステム」についてMK‐Ⅲ性能試験中に操作ガイド機能の基礎データを採取し、その適用性を検討した。評価結果は以下の通りである。(1) 制御棒操作量表示機能のうち臨界近接モードは、MK-Ⅲにて臨界点が2$$times$$104cpsに変更となったことから、規定ファジィ制御部の構造を一部変更する必要がある。(2) その他の制御モード(核加熱、系統昇温、出力上昇、出力下降)については、出力変化率、系統温度変化率がMK-Ⅱと同じであることから、MK-Ⅲ運転においても良好にガイドを提供できる。(3) 機器運転ガイド機能については、MK-Ⅲ原子炉運転マニュアルを反映したソフトウェアの変更が必要である。 (4) オフラインシステムのハードウェア機能を維持するため、当該システムの更新が必要である。

The automatic control rod operation system was developed to control the JOYO reactor power automatically in all operation modes(critical approach, cooling system heat up, power ascent and power descent), development began in 1989. Prior to applying, we are examined possibility of apply to the automatic control rod operation guide system which developed in MK-2 operation to get the control rod operation guide data in MK-3 performance tests. The main results are as follows: (1).Critical approach mode in control rod operation guide function will be need tuning of fuzzy algorisms structure for changed MK-3 reactor critical point. (2).Cooling system heet up mode, power ascent mode and power descent mode will be supply to good guidance at MK-3 reactor operation. Because, power change rate and cooling system heet up rate same MK-2 reactor operation. (3).Plant operation guide function will be need change, based on MK-3 reactor operation manual. (4).The automatic control rod operation guide system will be need renewal for system maintainability.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.