検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

炉内ソースターム解析コードTRACER Version 2.3 (マニュアル)

In-vessel source term analysis code TRACER version 2.3 user's manual

豊原 大輔*; 大野 修司; 松木 卓夫*; 浜田 広次; 宮原 信哉

Toyohara, Daisuke*; Ohno, Shuji; Matsuki, Takuo*; Hamada, Hirotsugu; Miyahara, Shinya

高速炉の燃料破損時に冷却材ナトリウム中に放出され、カバーガス空間へ移行する核分裂生成物(FP)の種類と量すなわち炉内ソースタームを機構論的に評価するための解析コードとして、TRACER(Transport phenomena of Radio-nuclides for Accident Consequence Evaluation of Reactor)を開発している。 TRACER Version 2.3では、TRACER Version 2.0に対して以下に示すモデル追加・修正を行った。 a) 燃料からのFP放出モデルにBoothモデルを追加 b) 放出FPの気泡及び冷却材への移行モデルを修正 c) 気泡移行挙動モデルの修正 本報告書は、TRACER Version 2.3の使用説明書として、同コードで扱われる計算モデル、インプット、アウトプットについて取りまとめたものである。

A computer code TRACER (Transport Phenomena of Radionuclides for Accident Consequence Evaluation of Reactor) version 2.3 has been developed to evaluate the species and the quantities of fission products (FPs) released into cover gas during fuel pin failure accident in an LMFBR. TRACER version 2.3 includes new and modified models shown below. a) Booth model, a new model for FPs release from fuel. b) Modified model for FPs transfer from fuel to bubble or sodium coolant. c) Modified model for bubbles dynamics in coolant. Computer models, input data and output data of TRACER Version 2.3 are described in this user's manual.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.