検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Tsunami deposits in Holocene bay mud in southern Kanto region, Pacific coast of Central Japan

None

藤原 治; 酒井 哲弥*; 入月 俊明*

not registered; Sakai, Tetsuya*; Irizuki, Toshiaki*

相模湾周辺で過去約1万年間に発生した海底地震の痕跡(津波堆積物)を地層中から見いだし、その堆積学的な特徴について記載した。津波堆積物は基底に侵食面を持ち上方細粒化する砂礫層からなる、異なる環境に棲む生物の化石を混合して含む、含まれる貝化石の年代値が下位層と逆転するなどの特徴があり、流水によって湾周辺から掘り出され、混濁流となって運ばれて再堆積したことを示している。相模湾周辺で広域に分布することや、形成年代が地震で隆起したとされる海岸段丘と近似すること、また海から陸へ向かって運ばれたことを示す堆積構造を持つことから、津波起源であることを推定した。 本論文は、国際堆積学会議事務局からの依頼でSedimentary Geology誌の特殊号に寄稿するもである。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:11.2

分野:Geology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.