検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核種-コロイド-岩盤間の分配収着平衡に基づく核種移行モデルの適用性

Practical Availability of Radionuclide Transport Model based on the Interaction among Radionuclide, Colloid and Rock

黒澤 進; 上田 真三*; 油井 三和; 加藤 博康*; 林 賢一*; 久野 義夫*; 吉川 英樹

Kurosawa, Susumi; Ueda, Shinzo*; Yui, Mikazu; Kato, Hiroyasu*; Hayashi, Kenichi*; not registered; Yoshikawa, Hideki

本研究では、収着試験や移行試験を行い、核種-コロイド-岩盤間の分配収着平衡を基調とした核種移行評価モデルの適用性について検討を行った。その結果、核種のコロイドへの収着が可逆的であり、岩盤および液相に再分配することが認められる場合には、核種-コロイド-岩盤間の分配係数を設定した核種移行評価モデルの利用が可能と考えられる。しかしながら、分配収着が平衡に達するよりも速く核種およびコロイドが移行する場合、速度論的プロセスに注目した核種の収着、脱離性を考慮する必要があることの知見を得た。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.