検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Fabrication and Thermal Conductivity of Boron Carbide /Copper Cermet

None

丸山 忠司; 小野瀬 庄二 

not registered; Onose, Shoji

高速炉用中性子吸収材の開発を目的に、炭化ホウ素と銅から成るサーメ ットの製法の研究及び熱・機械的特性の評価試験を行った。炭化ホウ素と銅は濡れ性が悪いため、単にホットプレスしても焼結体が得られない。そのため、両者の混合粉末を機械的に高速攪拌して、炭化ホウ素粒子表面に銅の被覆層を形成させ、この粉末を1050$$^{circ}C$$でホットプレスすることにより、炭化ホウ素の含有割合を体積比70%まで高めた高密度サーメットを製造することに成功した。試作材は高い熱伝導を有しており、これはサーメット組織に銅の連続相が形成されていることによる。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:86.5

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.