検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Universality of the p-process nucleosynthesis in supernova explosions and scaling laws for p- and s-process nuclei in the solar system abundances

超新星爆発におけるp過程元素合成の普遍性と太陽系におけるp核とs核のスケーリング則

早川 岳人; 岩本 信之 ; 静間 俊行; 梶野 敏貴*; 梅田 秀之*; 野本 憲一*

Hayakawa, Takehito; Iwamoto, Nobuyuki; Shizuma, Toshiyuki; Kajino, Toshitaka*; Umeda, Hideyuki*; Nomoto, Kenichi*

われわれは、超新星爆発の光核反応によって、太陽系に存在する重元素の一部が生成された証拠を発見した。この元素合成過程をp過程と呼び、生成された原子核をp核と呼ぶ。また、遅い中性子捕獲反応過程で生成された原子核をs核と呼ぶ。同じ原子番号を持つp核とs核の同位体比の間に一定の関係があることをわれわれが発見した。この関係をスケーリング則と呼ぶ。このスケーリング則は、p核が超新星爆発の光核反応でs核から生成された証拠である。また、われわれは太陽系に存在する元素にこのスケーリング則が成り立っていることから、p過程に対するこれまで知られていなかったp過程の普遍性を発見した。この普遍性は、p過程が特定の環境のみで発生するか、p過程はさまざまな環境で発生するがスケーリング則は天体環境に依存しないか、のどちらかを示す。これは、p過程の理解にとって本質的な問題である。われわれは理論計算によりp過程の普遍性の原理を探求した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.