検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study of astrophysical ($$alpha$$,n) reactions on light neutron-rich nuclei using low-energy radioactive nuclear beams

低エネルギー不安定核ビームを用いた軽い中性子過剰核を含む($$alpha$$,n)反応の研究

橋本 尚志; 光岡 真一; 市川 進一; 池添 博; 宮武 宇也; 石山 博恒*; 渡辺 裕*; 平山 賀一*; 今井 伸明*; 田中 雅彦*; 吉川 宣治*; Jeong, S.-C.*; 渕 好秀*; 片山 一郎*; 野村 亨*; 石川 智子*; 中井 浩二*; Das, S.*; 溝井 浩*; 福田 共和*; 西尾 勝久  ; 松田 誠 ; Saha, P. K.  ; 下田 正*; 寺澤 真理子*; 佐々木 孝浩*

Hashimoto, Takashi; Mitsuoka, Shinichi; Ichikawa, Shinichi; Ikezoe, Hiroshi; Miyatake, Hiroari; Ishiyama, Hironobu*; Watanabe, Yutaka*; Hirayama, Yoshikazu*; Imai, Nobuaki*; Tanaka, Masahiko*; Yoshikawa, Nobuharu*; Jeong, S.-C.*; Fuchi, Yoshihide*; Katayama, Ichiro*; Nomura, Toru*; Ishikawa, Tomoko*; Nakai, Koji*; Das, S.*; Mizoi, Yutaka*; Fukuda, Tomokazu*; Nishio, Katsuhisa; Matsuda, Makoto; Saha, P. K.; Shimoda, Tadashi*; Terasawa, Mariko*; Sasaki, Takahiro*

軽い中性子過剰核を含む($$alpha$$,n)反応は超新星爆発中の早い中性子捕獲反応の前段階で形成されるホットバブルのような中性子過剰な環境において重要な役割を果たす。これらの反応の系統的な測定を日本原子力研究開発機構のタンデム加速器施設を用いて行った。既に$$^8$$Li($$alpha$$,n)$$^{11}$$B, $$^{12}$$B($$alpha$$,n)$$^{15}$$N, $$^{16}$$N($$alpha$$,n)$$^{19}$$F反応については測定を終了しており、解析を行っている。不安定核ビームは核子移行反応によって生成し、反跳核生成分離装置を用いて一次ビームと分離する。生成されたビームはMultiple-Sampling and Tracking Proportional Chamber(MSTPC)に直接打ち込まれる。反応によって放出される中性子は周りを取り囲んだ中性子検出器によって検出される。本測定の特徴は一度の測定で広いエネルギー領域を高効率で測定できることである。$$^8$$Li($$alpha$$,n)$$^{11}$$Bは0.4-1.7MeVと0.7-2.6MeVのエネルギー領域に分けて2回の測定を行っている。本講演では0.7-2.6MeVのエネルギー領域について報告する。$$^{12}$$B($$alpha$$,n)$$^{15}$$N, $$^{16}$$N($$alpha$$,n)$$^{19}$$F反応については重心系でそれぞれ1.3-3.7MeV, 1.3-4.7MeVのエネルギー領域での測定が終了しており、現在までに得られた結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.