検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

レーザー逆コンプトン$$gamma$$線による$$^{152}$$Smの光核反応断面積測定

Measurements of $$^{152}$$Sm($$gamma$$,n) reaction cross section with laser-Compton scattering $$gamma$$ rays

原 かおる; 北谷 文人; 原田 秀郎 ; 秋宗 秀俊*; 宇都宮 弘章*; 海堀 岳史*; 後神 進史*; 芳原 新也*; 牧永 あや乃*; 山県 民穂*; 豊川 弘之*; 山田 家和勝*

Hara, Kaoru; Kitatani, Fumito; Harada, Hideo; Akimune, Hidetoshi*; Utsunomiya, Hiroaki*; Kaihori, Takeshi*; Goko, Shinji*; Hohara, Shinya*; Makinaga, Ayano*; Yamagata, Tamio*; Toyokawa, Hiroyuki*; Yamada, Kawakatsu*

高レベル放射性廃棄物中に含まれる長寿命核分裂生成核種$$^{151}$$Sm(t$$_{1/2}$$=90yr)の中性子捕獲断面積は、高速炉や加速器駆動核変換システムを用いた核変換研究のために重要な基礎データの1つである。しかしながら、この中性子捕獲断面積の直接測定には放射性標的試料と強い中性子源が必要であり、容易ではない。本研究では逆反応を利用し、安定核種$$^{152}$$Smの光核反応断面積の励起関数を測定した。反応しきい値(S$$_{n}$$: 8.26MeV)近傍におけるデータを統計モデル計算に対する制約条件として用い、keVからMeVエネルギー領域において中性子捕獲反応断面積の評価に資する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.