検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高位置分解能二次元中性子ガス検出器の開発,3

Development of 2D position sensitive neutron detector with a high spatial resolution, 3

山岸 秀志; 中村 龍也 ; 田中 浩基; 曽山 和彦 ; 相澤 一也 ; 越智 敦彦*; 谷森 達*

Yamagishi, Hideshi; Nakamura, Tatsuya; Tanaka, Hiroki; Soyama, Kazuhiko; Aizawa, Kazuya; Ochi, Atsuhiko*; Tanimori, Toru*

パルス中性子源を用いた中性子散乱実験用としての二次元位置検出型中性子検出器には、高位置分解能,高い検出効率及び長期安定性が求められることは勿論であるが、さらに、広いエネルギーを有した中性子をTOF法により計測するため、高速性及び高い(中性子/$$gamma$$線)比の性能が要求される。このため、われわれはMSGC素子を用いた個別読出し型の二次元中性子ガス検出器システムの開発を進め、今回、検出器システムを試作した(1, 2, 3)。中性子散乱実験用の二次元位置検出型中性子検出器には上記に示したようなさまざまな性能が要求されるが、実用機ではそれらすべての要求性能がクリアされていなければならない。このため、位置検出分解能の実験評価に引き続き、その他の性能試験として中性子ビームのプロファイル測定及び(中性子/$$gamma$$線)比性能等を評価したのでこれらの結果について紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.