検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画におけるボーリング孔を用いた地下水の水圧の長期モニタリング

Long-term groundwater pressure monitoring in deep boreholes in the Horonobe Underground Research Laboratory Project

藪内 聡; 操上 広志; 瀬尾 昭治*; 原 稔; 國丸 貴紀; 竹内 竜史

Yabuuchi, Satoshi; Kurikami, Hiroshi; Seno, Shoji*; Hara, Minoru; Kunimaru, Takanori; Takeuchi, Ryuji

日本原子力研究開発機構では、幌延深地層研究計画における地質環境モニタリング技術開発の一環として、これまでに掘削したボーリング孔に地下水の水圧・水質長期モニタリング装置を設置し、地下施設建設前の地下水の長期モニタリングを実施している。HDB-1,2,3,6,7,8孔では、観測される水圧はおおむね安定した値を示しているが、一部のボーリング孔並びに観測区間では観測開始から現在に至るまで水圧の長期的な変動が認められる。また、研究所設置地区から7km程度離れたHDB-2孔では、研究所設置地区周辺と比べて高い水圧が認められる。観測される水圧から全水頭を算出した結果、研究所設置地区周辺では、深度が大きくなるにしたがって全水頭が高くなる傾向が認められることや、おおむね東から西の方向に動水勾配が生じていると推察されること等の知見が得られた。さらに、これらの観測を通じ、設置したモニタリング装置の適用性を確認することができたとともに、装置を構成する機器の一部に関して改善点等が明らかになった。

Long-term groundwater pressure monitoring has been performed in HDB-1,2,3,6,7 and HDB-8 boreholes in the Horonobe Underground Research Laboratory Project. Groundwater pressure in many levels in the boreholes shows an almost steady state at present, however it is still recovering since the beginning of the observation in some levels. Relatively high groundwater pressure is observed in HDB-2 borehole, about 7km away from the URL area. According to the groundwater pressure monitoring in deep boreholes so far, it is inferred that hydraulic head becomes higher with the increase of the depth and hydraulic head in the east is higher than in the west around the URL area. Through the groundwater monitoring, performance of the long-term groundwater monitoring systems could be examined and some problems of the parts could also be found.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.