検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Interoperability between UNICORE and ITBL

UNICOREとITBLの相互接続

鈴木 喜雄; 南 貴博; 谷 正之; 中島 憲宏; Keller, R.*; Beisel, T.*

Suzuki, Yoshio; Minami, Takahiro; Tani, Masayuki; Nakajima, Norihiro; Keller, R.*; Beisel, T.*

異なるサイエンスグリッドシステム間の相互接続は、大規模実験施設及び大規模スーパーコンピュータの世界的な利用に不可欠である。相互接続を達成する最も簡単な方法の一つは、異なるサイエンスグリッドシステム間でそれらの変更なしに、メッセージを変換することである。そのような考えに基づき、UNICOREとITBLの相互接続について、媒体として働くサーバーを用いることにより、それらシステムをほとんど変更することなく相互接続することに成功した。国際的標準化が確立されるまでの間は、異なるサイエンスグリッドシステム間でのメッセージ変換の方法は、相互接続を達成する方法として有望である。

The interoperability among different science grid systems is indispensable to worldwide use of a large-scale experimental facility as well as a large-scale supercomputer. One of the simplest ways to achieve the interoperability is to convert messages among different science grid systems without modifying themselves. Under such consideration, the interoperability between UNICORE and ITBL (IT-Based Laboratory) has been achieved with hardly modifying these grid systems by adopting a connection server which works as a mediator. Until international standardization is established, the method of message conversion among different science grid systems is promising as a way to establish the interoperability.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.