検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Fast collimated neutron flux measurement using stilbene scintillator and flashy analog-to-digital converter in JT-60U

JT-60Uにおけるスチルベン検出器とflash ADCを用いた高速中性子束計測

石川 正男*; 糸賀 俊朗*; 奥地 俊夫*; Nakhostin, M.*; 篠原 孝司; 林 孝夫; 助川 篤彦; 馬場 護*; 西谷 健夫

Ishikawa, Masao*; Itoga, Toshio*; Okuji, Toshio*; Nakhostin, M.*; Shinohara, Koji; Hayashi, Takao; Sukegawa, Atsuhiko; Baba, Mamoru*; Nishitani, Takeo

JT-60Uでは、中性子発生分布計測においてスチルベン中性子検出器を使用して中性子の計測を行ってきた。しかし、このスチルベン中性子検出器は中性子と$$gamma$$線との弁別性能に優れた特徴を有するが、アナログ回路を利用して弁別を行っているため、最大計数率は10$$^{5}$$cps程度となり、統計誤差が大きくまたダイナミックレンジが低い等の欠点もあった。この度、これを克服するためにFlash-ADCを用いて直接アノード信号の波形を取得,保存し、ソフトウェアによって波形弁別をする手法を開発した。これにより10$$^{6}$$cps以上の高計数率での測定を可能になる。本講演では、JT-60Uにおける初期の実験結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:35.92

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.