検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超臨界二酸化炭素リーチング(SFL)法による固体廃棄物からのウランの分離・回収

Separation and recovery of uranium from radioactive solid waste by supercritical carbon dioxide leaching method

和田 隆太郎*; 山本 誠一*; 増田 薫*; 目黒 義弘; 富岡 修; 山本 一良*

Wada, Ryutaro*; Yamamoto, Seiichi*; Masuda, Kaoru*; Meguro, Yoshihiro; Tomioka, Osamu; Yamamoto, Ichiro*

硝酸-TBP錯体を反応剤とする超臨界二酸化炭素リーチング(SFL)法を用いて、ウランで汚染したフィルタ,焼却灰,耐火レンガ,PVC等の廃棄物の模擬試料及び実試料からウランを分離・回収した。すべての模擬試料及びHEPAフィルタ実試料はIAEA安全指針RS-G-1.7で示されたクリアランスレベルを下回るレベルまで除染できた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.