検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Key R&D activities supporting disposal of radioactive waste; Responding to the challenges of the 21st century

放射性廃棄物処分を支える鍵となる研究開発活動; 21世紀のチャレンジへの責任

宮本 陽一; 梅木 博之; 大澤 英昭; 内藤 守正; 中野 勝志; 牧野 仁史; 清水 和彦; 瀬尾 俊弘

Miyamoto, Yoichi; Umeki, Hiroyuki; Osawa, Hideaki; Naito, Morimasa; Nakano, Katsushi; Makino, Hitoshi; Shimizu, Kazuhiko; Seo, Toshihiro

クリーンで経済的で社会が受容できるエネルギーの十分な供給を確立することは、21世紀において重要で世界的なチャレンジである。原子力の役割をさらに拡大することが選択の一つと思われるが、このオプションの実施は、すべての放射性廃棄物を安全に処分することにかかっている。安全な処分は専門家の間ではその基本的な実現可能性についてコンセンサスは得られているが、特に主要なステークホルダーにより受け入れられるよう、その概念をもっと実際的なものとしなければならない。ここでは、世界的なトレンドを考慮し、また日本の例を引き合いにして、将来の研究開発の鍵となる分野を明らかにし、有益と思われる国際協力のシナジー効果が生まれる可能性のある分野に焦点を当てていくこととする。

Ensuring sufficient supplies of clean, economic and acceptable energy is a critical global challenge for the 21st century. There seems little alternative to a greatly expanded role for nuclear power, but implementation of this option will depend on ensuring that all resulting wastes can be disposed of safely. Although there is a consensus on the fundamental feasibility of such disposal by experts in the field, concepts have to be developed to make them more practical to implement and, in particular, more acceptable to key stakeholders. By considering global trends and using illustrative examples from Japan, key areas for future R&D are identified and potential areas where the synergies of international collaboration would be beneficial are highlighted.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.