検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

プルトニウム標準物質に関する研究開発の現状と今後の計画

Present status and future plans of the study for preparation of Pu reference materials

角 美香; 影山 十三男; 鈴木 徹

Sumi, Mika; Kageyama, Tomio; Suzuki, Toru

プルトニウム燃料技術開発センターにおいて、核燃料物質の計量分析は、高信頼性の標準物質を必要とする同位体希釈質量分析法(IDMS)によって実施されている。これまで必要なPu標準物質は海外から入手してきたが、Puの輸送は難しさを増していることから、将来はその入手が困難になる可能性が出てきている。そこで、自らPu標準物質を調製する技術を確立することを目的として、長年にわたり核物質の標準物質を供給している実績を有し、高い技術力を有している米国NBLと共同研究を開始した。本共同研究では、JAEAにおいて保管されているMOX粉末を原料として、IDMSのための標準物質(LSDスパイク)を作製することを目標の一つとしており、これまでに、MOX粉末を溶解,精製してPu溶液を調製した。この溶液の一部はNBLに輸送され、今後NBLにて分析が行われる予定である。さらに、このPu溶液を原料としてスパイクを調製し、NBLとJAEAが共同で確認分析を行うとともに、実用性及び長期安定性に関する試験を行う。本報告では、本共同研究の現状と今後の計画について述べる。

All accountancy analysis at the PFDC of JAEA is performed by isotope dilution mass spectrometry with well-characterized standard materials. Though Pu reference materials has been supplied from foreign country, importing those Pu is gradually becoming more difficult and may be almost impossible to import them in future. Thus, in order to establish the capability and expertise for the preparation of Pu reference materials, JAEA has started collaborative work with NBL who has high skills for preparing and supplying nuclear reference materials for long periods. One of the targets of this collaboration is preparation of standard material for IDMS. MOX powder which has been stored in JAEA was dissolved and purified to obtain Pu solution. A small portion of the purified solution was transported to NBL for analysis. LSD spike will be prepared from this Pu solution and then validation analysis and performance test including stability test will be performed with NBL and JAEA.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.