検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

An Electrochemical sensor array for ${it in-situ}$ measurements of oxide film electric resistance in high temperature water

高温水中での被膜電気抵抗の${it in-situ}$測定に関する電気化学的センサ

内田 俊介; 佐藤 智徳 ; 柿沼 永郎*; 宮澤 孝裕*; 佐藤 義之*; M$"a$kel$"a$, K.*

Uchida, Shunsuke; Sato, Tomonori; Kakinuma, Nagao*; Miyazawa, Takahiro*; Sato, Yoshiyuki*; M$"a$kel$"a$, K.*

沸騰水型原子炉の1次系における腐食環境は酸素,過酸化水素、もしくはほかの腐食性放射線分解生成種により決定される。共存酸素濃度を最小化した状態で過酸化水素濃度を制御可能な高温高圧水ループ装置を腐食環境における過酸化水素の役割を評価するために作成し、酸素及び過酸化水素を含む高温水中に浸漬させたステンレス鋼の腐食における静的挙動として腐食電位(ECP)を、動的挙動として周波数依存複素インピーダンス(FDCI)を測定した。同時に高温水中において試験片表面に形成される酸化被膜の電気抵抗を${it in-situ}$測定により同定した。高温水中における測定により、過酸化水素濃度がECP測定とFDCI測定の複合測定により決定可能であることを確認した。この過酸化水素濃度のデータは、原子炉の炉内構造材の応力腐食割れの発生や進展挙動の評価に役に立てることができる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.