検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地理情報システムによる広域地下水流動範囲の設定方法に関する検討(受託研究)

Boundary delineation for regional groundwater flow through Geographic Information System (Contract research)

山川 正; 宗像 雅広; 木村 英雄; 兵頭 浩*

Yamakawa, Tadashi; Munakata, Masahiro; Kimura, Hideo; Hyodo, Hiroshi*

放射性廃棄物の地層処分では、人間社会への核種移行を評価することが安全性を評価するうえで重要である。本研究では既往データを利用して、広域地下水流動の及ぶ範囲いわゆる広域地下水流動範囲を設定する方法について検討することを目的とした。対象地区は、広域地下水流動に及ぼす複雑な要因の少ない阿武隈山地都路地区を選定した。地理情報システムを利用して、おもに地表関連データから推定できる広域地下水流動範囲の設定を行った。その結果、都路村水盆における広域地下水流動範囲は、従来それを取り囲む尾根によって境されるとされてきたが、ポテンシャル流や断裂の存在を考慮すると、大滝根山及び常葉町水盆北部を含む地域に拡張されると理解すべきであることがわかった。

Radionuclide migration toward human society through geologic processes is to be assessed as part of long-term safety assessments of geologic disposal for radioactive waste. This study was conducted to develop methodologies of boundary delineation for regional groundwater flow system. Geographic Information System, GIS, was applied to Miyakoji in the Abukuma as an area of interest. The present study revealed that, taking the groundwater flows and fracture characteristics of the area into consideration, the groundwater flow system in Miyakoji drainage basin should be bounded by the Otakine mountain area and the northern part of Tokoha drainage basin, which occupies a larger area than understood before.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.