検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC中性子源用モデレータ冷却システムの現状

Present status of a cryogenic system of moderators for the spallation neutron source at J-PARC

麻生 智一 ; 達本 衡輝; 長谷川 勝一  ; 大都 起一; 上原 聡明; 前川 藤夫 ; 加藤 崇

Aso, Tomokazu; Tatsumoto, Hideki; Hasegawa, Shoichi; Otsu, Kiichi; Uehara, Toshiaki; Maekawa, Fujio; Kato, Takashi

中性子源用モデレータ冷却システムは、核破砕反応で発生した高エネルギー中性子を超臨界水素中に通過させることにより、そのエネルギーを低減し、冷中性子ビームとして施設利用者の実験装置へ供給するための冷凍システムである。中性子源中心部で中性子による水素への熱負荷が約4kWに達し、この負荷を中心部にあるモデレータ(合計4L)で温度差3K以内という条件で除去するために超臨界水素の強制循環で冷却する方式とし、水素インベントリを低減するために水素とヘリウムの2元冷凍システムとした。昨年から現地製作が本格化し、現在最終段階に至っており、今後試運転から調整運転の運用に着手する。今回、現状の設備設置の状況及び中性子冷却の稼動に向けた計画について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.