検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Progress in the ITER physics basis, 5; Physics of energetic ions

ITER物理基盤の進展,5; 高エネルギーイオンの物理

Fasoli, A.*; Gormezano, C.*; Berk, H. L.*; Breizman, B.*; Briguglio, S.*; Darrow, D. S.*; Gorelenkov, N.*; Heidbrink, W. W.*; Jaun, A.*; Konovalov, S. V.*; Nazikian, R. M.*; Noterdaeme, J.-M.*; Sharapov, S.*; 篠原 孝司; Testa, D.*; 飛田 健次; 藤堂 泰*; Vlad, G.*; Zonca, F.*

Fasoli, A.*; Gormezano, C.*; Berk, H. L.*; Breizman, B.*; Briguglio, S.*; Darrow, D. S.*; Gorelenkov, N.*; Heidbrink, W. W.*; Jaun, A.*; Konovalov, S. V.*; Nazikian, R. M.*; Noterdaeme, J.-M.*; Sharapov, S.*; Shinohara, Koji; Testa, D.*; Tobita, Kenji; Todo, Yasushi*; Vlad, G.*; Zonca, F.*

ITERや将来の核融合炉では高速イオンのアルファ粒子がプラズマの維持に重要な役割を果たし、高速イオンが関連した物理現象の理解は重要である。本論文では、1999年の最初の「ITER物理基盤の進展」に関するレポート以降の高速イオンが絡む高温プラズマの物理現象についての理解の進展についてまとめた。高速イオンの物理機構を理解するための高速イオン源の進展,トロイダル磁場リップルによる高速イオン閉じ込めの理解の進展,高速イオンと背景プラズマ起因MHDの相互作用の理解の進展,高速イオン起因MHDの線形安定性の理解の進展,高速イオンと高速イオン起因MHDの相互作用と非線形発展の理解の進展,高速イオン起因MHDによる高速イオンの輸送の理解の進展について、実験計測,理論,数値計算で得られた成果をまとめている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:16.67

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.