検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

MBCモデルによる瑞浪超深地層研究所研究坑道の掘削影響予測解析

Excavation disturbance analysis based on MBC Model for predicting of the rock mass behavior during excavation of shafts and research galleries at the Mizunami Underground Research Laboratory

瀬野 康弘; 中間 茂雄; 佐藤 稔紀*; 森 孝之*; 森川 誠司*; 田部井 和人*; 須山 泰宏*; 村上 浩次*

Seno, Yasuhiro; Nakama, Shigeo; Sato, Toshinori*; Mori, Takayuki*; Morikawa, Seiji*; Tabei, Kazuto*; Suyama, Yasuhiro*; Murakami, Koji*

本報告書は、第2段階以降の調査・研究計画策定のための基礎情報を得ることを目的とし、研究坑道の深度500m付近の立坑と水平坑道の連接部を対象に、MBCモデルによる掘削損傷を考慮した3次元予測解析結果について報告するものである。解析検討により得られた知見は以下のとおりである。(1)岩盤挙動は初期応力の作用方向,亀裂の幾何学的方向の影響を受ける。また、B級やCH級に比べ強度が劣るCL級では、変位や支保にかかる応力は大きくなる。(2)解析ステップの細分化が解析結果に与える影響は少ない。(3)掘削損傷域の有無による岩盤挙動に対する影響は比較的小さい。(4)立坑連接部では一般部に比べ支保の応力が1.3$$sim$$1.6倍になる。(5)3次元的な亀裂分布に基づく岩盤挙動をより適切に表現するには2次元モデルより3次元モデルが有効である。

A 3D MBC(Micro-mechanics Based Continuum model) numerical analysis was carried out to predict the rock mass behavior of the complex (articulated) section at -500 m. Properties were chosen based on the Rock Mechanics Model constructed in the Surface-based Investigation Phase (Phase I).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.