検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC加速器に用いる各種真空チャンバーのガス放出測定

Outgassing measurements for vacuum chamber used for J-PARC accelerators

齊藤 芳男*; 佐藤 吉博*; 嶋本 眞幸*; 久保 富夫*; 魚田 雅彦*; 堀 洋一郎*; 金正 倫計 ; 壁谷 善三郎*

Saito, Yoshio*; Sato, Yoshihiro*; Shimamoto, Masayuki*; Kubo, Tomio*; Uota, Masahiko*; Hori, Yoichiro*; Kinsho, Michikazu; Kabeya, Zenzaburo*

J-PARCのような大強度陽子加速器ではビームロスによる残留放射能が大きく、真空系の保守は作業者の被爆を極力低減するよう考慮しなければならない。保守作業そのものを少なくするためには、まず、型を超高真空とし部品の劣化を極小化する必要がある。また、被爆の機会を増加させるベーキングも避けなければならない。したがって、この加速器の真空系に用いる材料は、あらかじめ表面を不動態化処理してガス放出を低減したものを用いる必要がある。銅,ステンレス,チタン,アルミナセラミックス、等の放出ガス速度を測定した。結果、不動態化したチタンはガス放出速度が低いことがわかった。

In the J-PARC acceletarors, maintenances should be minimized under high levels of radiation. An ultra high vacuum is required for the system in order to realize a long lifetime of the vacuum components. Materials of copper, stainless steel, titanium, alumina ceramics are to be finished as so to reduce the outgassing rate. The measurement of outgassing rate of titanium whose surface is chemically stable has the lowest value compared to any other materials examined so far.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.